右脳を使った速読術

右脳を活用する速読術

右脳を活性化させる方法のひとつとして、右脳速読という方法があります。本来、速読は右脳を活用するといわれています。脳波計で計測したところ、普通の読書は左脳の言語中枢を使用していることが判明されています。しかし、速読で読書すると右脳が活発に働くようになるといわれています。左脳速読という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは普段の読書のスピードを上げただけのもので、左脳の言語中枢を利用して読書、理解しているものといわれています。右脳速読はそれよりも何十倍も速く読書でき、しかも内容の理解までも問題なくできるものといわれています。しかし、そうなるにはトレーニングが必要で、情報によりますと特別な教材を利用することでそれが可能になるという方もいます。右脳速読を学び始めても、挫折してしまう人は多いようです。左脳を活用した速読の方が一般的には、習得しやすいのかもしれません。右脳と左脳の速読術を比べた場合、右脳の方が早く読めるというのが能力開発の世界では常識のようです。


ジニアス速読術 川村明宏 キャンペーン価格はこちら!